ラスベガス 猫のいる音楽室

ヴァイオリン奏者 Naoko Taniguchi のブログ   ~ 晴れ、時々ヴァイオリン  ~                             

Category [コンサート ] 記事一覧

スポンサーサイト

フランク・シナトラ

ラスベガス・フィルでは時々ポップス系のコンサートもしていて今日のお題は「フランク・シナトラ」彼の名前は知ってるけど、曲はなにひとつ頭に浮かばなかった。リハに行って楽譜見たら、最後の2曲、『ニューヨーク・ニューヨーク』と『マイ・ウェイ』だけ聴いたことあった。同じプルト(譜面台)の子に「みんなこの曲知ってるの?」って聞いてみたら「全部知ってる!私はこの曲達と共に育ったもの。私のママはフランク・シナトラ...

Piano Concert

再検査をした黒猫るうを自宅に置いて、バタバタと仕事にでかけた。夕方5時台は渋滞が激しく、約束の時間ギリギリに会場に滑り込みセーフ。地元の大学UNLVのピアノ科の教授ミコラ・スック氏との演奏会。ベートーヴェンのピアノ協奏曲1番の室内楽バージョン。ソロ・ピアノのパートは本来の楽譜と同じなまま、オーケストラのスコアをヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロの4人で伴奏できるようにピアノ五重奏にアレンジされたもの、...

piano Trio

午前中にレッスンをし、午後はずーっと向こうの街の教会でコンサート。夫が猫の様子を見ていてくれるので助かる。途中までは行ったことがあるけれど、その先は走ったことがない初めての道。ラスベガスは山に囲まれた砂漠の谷。いかにも砂漠の街だなぁ、という光景の中をハイウェイをヴァイオリンを乗せてビューンと飛ばす。日本でも田舎町、山の中、雪の中、随分色々な所に演奏に行ったけれど、この風景と空の色はやっぱりアメリカ...

教会コンサート

日曜に引き続き、Christ the King Church にて無料コンサートをしました。木造で天井が高く響きが良く、客席が演奏者をぐるりと取り巻く広い教会。ここで演奏するのは3回目ですが、同じ場所で演奏しても、いらっしゃるお客さんによって会場の雰囲気は違います。この日は特に暖かい雰囲気のコンサートとなりました。Tweet                          Click...

演奏会のお知らせ

The Eclectic Trio Sunday, July 31 2:00p at Winchester Cultural Center, Las Vegas, NV $7 Advance, $10 Day of Concert Age limit: All agesNaoko Taniguchi, violin; Tamara Kezerov, piano; and Elena Kapustina, cello, make up the Eclectic Trio. Naoko is a member of the Las Vegas Philharmonic Orchestra and has performed at many venues across the valley. Born in Uruguay and raised in Argentina, Tamara has ...

Piano Trio

米国時間午後のなでしこJAPANのW杯優勝の興奮の冷めぬまま、夜はピアノ・トリオの本番でした。演奏曲目ハイドン:ジプシートリオ G Durラフマニノフ:ピアノ三重奏曲 第1番 g moll「悲しみの三重奏曲」メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第2番 c moll会場は一般のお宅ですが、多くのお客様が聴きに来てくださいました。お越し下さった皆様、ありがとうございました。一般のお宅とはいえ、ここはアメリカなのでキャパシティーは40...

マーラー没後100年の日

演奏会のご案内ラスベガス・フィルハーモニック Masterworks 5マーラー:交響曲第一番『巨人』モーツァルト:フルートとハープの為の協奏曲2011年5月21日(土)午後8時~開演会場 UNLV内 Ham HallMore Info.==========================================5月18日はウィーンで活躍した作曲家グスタフ・マーラーの命日。今年は没後100年に当たります。Gustav Mahler (1860.7.7 - 1911.5.18)今年は各地でマーラーが例年より多く...

Mechta Trio

先日も書いたように最近ロシア圏から渡米してきた音楽家達とアンサンブルをする機会が多く昨日、日曜の午後は新しく企画された Annual Music Festivalの第一回目として地元のロシア正教会で私達のピアノ・トリオの演奏をしました。Mechta Trio として、初のお披露目。ラスベガスは既に真夏のような日差し。(↑会場となった St.Paul The Apostle Orthodox Church )MECHTA TRIO マーシャ・ピサレンコ,ピアノ エレーナ・カプステ...

Masterworks 4

ギリギリになってしまいましたが、コンサートのお知らせです。ラスベガス・フィルハーモニック Masterworks 4ドボルザーク:チェロ協奏曲 (Zuill Bailey - Cello)シベリウス:交響曲第五番 場所:Artemus W. Ham Hall (at UNLV)日時:2011年4月16日(土)午後8時開演※当日券はホール脇のボックスオフィスで買えます。お馴染みの名曲、ドボルザークのチェロ協奏曲とシベリウスの北欧の雄大な自然を感じさせる自然賛歌、交響曲第5...

J.S.バッハ『マタイ受難曲』

もうすぐイースター(復活祭)。今年のイースターは4月24日。その前のイエスのエルサレム入城の日から復活の前日までの一週間が受難週。受難週が近づくとキリスト教国では受難曲の演奏会が増えますが、アメリカは人口の7割以上がクリスチャンだそう。今日の仕事はJ.S.バッハの作品の中でも最高峰に位置づけられている『マタイ受難曲』2つのオーケストラと2つの合唱隊が部隊の左右に配置され、それに子供のコーラス(天使の声)、6...

スクールコンサート

木曜日、朝の10時より地元クラーク・カウンティーの子供達のためのコンサートをやりました。当初私は出ない予定でしたが、2日前に急遽呼ばれてコンサートマスターとして出演。学校ごとにスクールバスでパビリオンに集まってきた子供達。この日はほぼ満席、2000人位は集まってたかな?日本のスクールコンサートと大きく違うのは、全部の学校の子供達が集まるまでの時間、有志の団員が客席に楽器を持って降りて行って子供達とコ...

ラスベガス・フィル Pops Concert Ⅲ

演奏会のお知らせです。Pops III - March 26, 2011, 8pmLocation:Artemus W. Ham Hall“An Evening with Rodgers and Hammerstein” ←詳細素晴らしい歌手、Lynnette Chambers, Derrick Davis, Larry Morbitt, Joan Sobelらを迎えて映画「サウンド・オブ・ミュージック」、「王様と私」などからのお馴染みの名曲を交えて盛りだくさんお届けします。少しでも明るい気持ちになりたい方へ。...

レクチャー・コンサートのお知らせ

ピアニストのエカテリーナ・メルカミニ氏、チェリストのエレーナ・カプスティナ氏と共にレクチャーコンサートに出演します。◆2011年2月24日(木)午後7:00開演ベートーヴェン:交響曲第8番より、 交響曲第7番より(ピアノ・トリオ版)グリーグ:組曲「ペールギュント」、作品5「心の歌」より (ヴァイオリン・ピアノ版)他◆2011年3月3日(木)午後7:00開演ハイドン:ピアノ3重奏曲 第24番 他◆201...

ライジング・スター☆若手指揮者

2月のうちに色々と書いておきたいことがあったのですが、毎日が慌ただしく過ぎて行きます。夫が相変わらず忙しく海外出張に飛び回っているので、ありがたく仕事に集中させてもらってます。さて、2月ラスベガス・フィルでは18歳の若手指揮者を迎えての興味深い演奏会がありました。私達プロの演奏家は比較的若いソリストには慣れています。しかし、指揮者が若いというのはオーケストラにとってどういうことなのでしょうか。今回の...

ハチャトゥリアン ピアノ協奏曲

今週末の演奏会より、注目の1曲。オーケストラ入門者のための、曲目解説です。ハチャトゥリアン、といえば『剣の舞』で最も知られた作曲家。日本ではその次に、2010年2月、バンクーバー冬季オリンピック大会で浅田真央選手が使った組曲『仮面舞踏会』の作曲者として有名かもしれません。                     Aram Il'ich Khachaturian (1903-1973)エキゾティックで強烈なリズムと、強調されたメロディー...

ラスベガス・フィルの事務所

来週の公演の楽譜を取りに事務所に行ってきました。ここがラスベガス・フィルの事務所。呼び鈴は無くて、鍵も掛ってなくて、真ん中の木のドアを開けると突然、マルチーズ見たいな白い小型犬2匹が、わんわんわんわんわん!と、かなりけたたましく出迎えてくれます。「うわ、びっくりしたなぁーもぉぉー・・・」と驚いてるうちに奥から誰かが出てくるので「楽譜取りに来た」と告げ、奥のライブラリー室まで行って自分のパートを出し...

オレグ先生 ヴァイオリン・リサイタル 

10月30日(土)8:00pm-UNLV (Universitu of Nevada Las Vegas)音楽学科内、Dr.Arturo Rando-Grillot Recital Hall (通称:Doc Rand Hall)にて、オレグ・クリサ先生のヴァイオリンリサイタルが行われました。以下にプログラムを転載。An Evening of Violin Miniatures Oleh Krysa, violinTatiana Tchekina, pianoPROGRAMKaleidoscope Johannes Brahms               Sonatensatz, from the Sonata F.A.E.Richard Wa...

オレグ先生 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

先週からしつこく書いておりますように、優れたヴァイオリニストでイーストマン音楽院の名教授・東京芸大客員教授であるオレグ・クリサ先生がラスベガスにやって来られて、私がボランティアでお手伝いをしているヘンダーソン・シンフォニーオーケストラでブラームスのヴァイオリン・コンチェルトをお弾きになられました。指揮はご子息であるタラス・クリサ氏です。オレグ先生は1942年ウクラウナ生まれの68歳。1989年より...

Welcome! Great Violinist, Oleh Krysa

先週からバタバタ。もう何から語って良いのやら。しかし、これは声を大にして宣伝しとかなきゃ!Oleh Krysa(オレグ・クリサ)先生が、ラスベガスに来られます! そして、10/29(Fri)ブラームスのヴァイオリン協奏曲、10/30(Sat)ヴァイオリン・リサイタルをされます!なんでこんな砂漠のド田舎・ラスベガスにこんなに素晴らしい先生が来るかと言えば、最近このブログにもしつこく書いているように、地元UNLVのオーケストラの指揮者...

ラスベガス・シンフォニエッタ 始動開始!

新しくできた小編成の室内オーケストラ、ラスベガス・シンフォニエッタの初練習から帰りました。オケメンバーはラスベガス・フィルハーモニックのトップやUNLVの音楽家の教授陣が中心。弦はみんな一度は一緒に演奏をしたことがある知ってる人ばかり。一言でいうと、とっても楽しかったです。バッハのブランデンブルグ協奏曲4番やストラヴィンスキーのプルチネルラ組曲、あと管楽器だけで現代音楽もやりますよ。今までなかなかやる...

左サイドMenu

Calendar +Category

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

義援金募集

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

プロフィール

Vn.Naoko

Author:Vn.Naoko
2008年夏より夫の仕事の関係で米国・ネバダ州在住。
2010年ラスベガス・フィルハーモニック入団。
◇◇夫+2匹のねこ(るう♂16才・黒猫、あん♀13才・シャム雑種)と生活中◇◇

天気+世界時計

Click for Las Vegas, Nevada Forecast
CURRENT MOON

カウンター

free counters

ブログランキング

blogram投票ボタン

FC2Blog Ranking

↑クリック↑するとこのブログの順位がわかります。

blogram

英語名言・ことわざ集

Powered by 英語名言集

◇◇Twitter Las Vegas News

私の本棚



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。